スクリーンショット 2020-09-28 13.08.38.png
スクリーンショット 2020-09-28 13.08.33.png

English follows Japanese.

 

五十崎社中

齋藤宏之

 

圧倒的に差別化された世界にひとつだけの和紙の技法

 

五十崎社中を立ち上げた齋藤宏之は、愛媛県の内子に来て11年になる。生まれも育ちも首都圏で、以前はNTTに勤めていた。IT系で起業しようと思っていたが、奥さんの実家がある内子の伝統工芸産品・和紙の再活性化に貢献したいとの想いが募り、進路をデジタルから超アナログに激変させた。転職は32歳の頃。大企業の何千人規模の中のワンパーツで働くことは、安定感はあってもワクワクドキドキ感が足りず、やりがいを見失っていた。子どものころからモノづくりが好きだった齋藤は、バーチャルな世界からリアルな世界に憧れたのかも知れない。

しかし、伝統工芸は「出る釘は打たれる」世界だとも言えそうだ。全く違う分野から参入した齋藤にとっては、競争のない新しい領域、新しい市場を作るしかなかった。

「そのために、アート的な視点は絶対に必要ですね。アートとテクノロジーの融合を伝統工芸の世界に取り入れたかったんです」と、齋藤は創業期を振り返る。

「和紙の世界に飛び込んでも、最初は『いきおい』だけで絵空事を描いていたのかも知れません」。伝統工芸の世界は職人気質で「お山の大将」的な人が多い。そんな世界の中で齋藤のそれまでの経験には、新風を吹き込む効果があったようだ。新しい組織を作ることができる。社員に新しいモチベーションを持たせることもできる。新しい視点でブランディングするという目論見が齋藤にはあった。

内子の和紙の特徴は、日本最高級の書道用紙。丈夫なふすま紙や障子紙も作っていた。しかし、それらは価値が固定化しているとともに、需要も減退していた。差別化も非常に困難だ。そんな時に出会ったのがガボー・ウルヴィツキのギルディング。「アブダビで始めてガボーさんのギルディングを見てすごいなと感動しました。」ギルディングはもともと、ヨーロッパで額縁に金箔を貼り付ける技法として発達した。それを紙に展開したのがガボー・ウルヴィツキ。紙に金属箔を貼り付ける技法だ。シルク印刷の要領で紙にノリで模様を刷り、そこに金属箔を貼り付けるもの。そのノリにガボーの素晴らしいノウハウがあった。

「これだっ!新しい進路がここにある」と直感した齋藤は、早速、ガボー・ウルヴィツキに指導を懇願した。

ガボーはフランス国家遺産企業contejuga社の代表を勤める。そのガボー・ウルヴィツキは齋藤の熱意に共感し、なんと家族とともに2年間、内子に住み暮らしたのだ。その絶大な指導力を得て、齋藤は和紙にギルディングを施す手法を完成した。

世界で唯一の技法。これを継承するのはガボーの娘と日本の五十崎社中だけ。圧倒的に差別化された新しい和紙のスタイルが完成した。

IKAZAKI SHACHU

Hiroyuki  Saito

Not outmoded culture, but totally "cool" Japanese traditional crafts.

 

Hiroyuki Saito who founded Ikazaki Shachu lives in Uchiko, Ehime Prefecture for 11 years now. He was born and raised in the metropolitan area, and previously worked for NTT.

He was planning to start up an IT business. However, his desire to contribute to the revitalization of washi (Japanese handmade paper) which is the traditional craftwork product of Uchiko where his wife's parents live on, and he drastically changed his career from digital to analogue. It was around the age of 32 that he changed jobs. Working as one of them in a large enterprise with thousands of employees gave him no sense of excitement even though life was stable, and was not worthwhile for him. Saito who had always liked making things since childhood may have had a longing for the real world rather than the virtual world. 

However, it seems that traditional crafts can be said to be the world where "the nail that sticks up gets hammered down," as they say. Saito who came from a totally different field had to develop a new market where there was no competition. "To that end, an artistic perspective was inevitable. I wanted to incorporate the fusion of art and technology into the world of traditional crafts," says Saito, looking back to the days of business initiation.

 "Although I jumped into the world of washi (Japanese paper), at first it might be that I was building a castle in the air with just my “spirit” at the beginning" Many people in the world of traditional crafts takes pride in their craftsmanship and is like "a king of the mountain." In such a world, Saito's past experience seemed to have the effect of introducing a breath of fresh air. He could make a new organization. He could also give employees a new motivation. Saito had the prospect of branding with a new perspective.